容姿に自信があり、オシャレを楽しむことが好きな女性であれば
ファッションモデルのような華やかな世界で活躍したいと考えている方もいるでしょう。

しかしモデルになるためには、容姿だけではなく
あらゆる条件やスキルを身に着けなければなれません。
モデルの仕事をしてみたい思っている人は、
どのような条件をクリアできたらモデルになることができるのか
予め知っておいたほうがいいでしょう。

最近ではモデルも女優さんもきわめて若い世代が活躍しています。
中学、高校の時から大人顔負けのスタイルと容姿で圧倒されます。
「ミュゼ奈良店は未成年でも脱毛できるの?」にも紹介されていますが、
未成年でも脱毛を受けるような時代です。
将来のモデルさんがとても楽しみですね。

話がそれましたがモデルに重要な条件は、まず第一に身長です。
ファッションショーなどで活躍するモデルの場合では
170cm以上は必要条件として挙げられます。
ファッション誌などで活躍しているモデルの場合では
165cmから170cm程度の身長が求められます。
モデルは存在感や、ファッション性が高いということが求められる仕事です。
これくらいの身長がなければまず活躍することはできません。

またプロポーションや体型も重要です。
目安としてスリーサイズも大切なのですが数字だけではなく、
手足が長くて美しい、八頭身であるなどの見た目のバランスも求められます。

次に顔立ちです。
整った顔立ちであることも必要とされますが、
ファッションや商品を引きたててくれるような好感度の高い顔立ちであることも重要です。

また容姿だけではなくスキルも必要とされます。
商品をよく見せるための歩き方はもちろん、
ポーズのとり方など常日頃から自分で研究して磨いておくことも大切です。

その他、愛されるキャラクターであることです。
天狗になっていると誰からも支持されないので、好感度の高いキャラクターであることも条件です。

JJモデルの美容方法はだれでも興味があることでしょう。
そんなJJモデルの美容の秘訣を知ることで自身も参考になり、
その秘訣を自分の生活に取り入れてみることで
自分自身を変えることができるかもしれません。
また、うれしい変化もあるはずです。

ここではJJモデルのスキンケアの秘訣を知りましょう。
多くのJJモデルのスキンケアの秘訣である美容のポイントで共通しているのが、
その日のお肌の調子をみて、使用するスキンケアにも変化をつけてあげるという点です。

さらに、肌を休めるために、休日などは、メイクはせずに
すっぴんの素肌で過ごすように心掛けています。

またスキンケアの基本である、
美肌になるためには欠かすことのできない保湿にも力を入れています。

JJモデルは、仕事柄お化粧を長時間していることが多いので
クレンジングや洗顔もしっかり行うようにしています。
それにより、後に使うスキンケアアイテムも、しっかりと浸透してくれるのです。
化粧水を時間をかけて、たっぷりと肌に馴染ませ、その水分が飛ばないように、
しっかりと乳液やクリームで蓋をすることを忘れないようしているのもポイントです。

このときに、しっかりとマッサージしながら、なじませるのがコツのようです。
汚れをしっかり落とし、油分と水分のバランスをとりながら乾燥からの不調を避けるため
高保湿のアイテムを使用して、その美肌を保っているのがわかります。

また、顔のケアだけでなく全身のケアをする必要があるのがモデルの宿命です。
モデルの大半の方が脱毛サロンに通っているようですが、
脱毛、特にフラッシュ脱毛は肌の乾燥を伴います。
ですから、日常からケアをしておくことがとても大切なことになります。
脱毛サロンを選ぶなら、ミュゼ蒲田店のように
施術後の肌ケアをしっかりしてくれるところを選んだ方がいいでしょう。

JJは光文社から発売されている女性ファッション雑誌のひとつで
男性ウケを重視した「コンサバ」ファッションを中心に取り扱っています。

主な対象者は女子大生からOLで、ギャル系ではなく
正統派のお嬢様系を対象にしていることがポイントです。

1978年から月刊化された雑誌JJですが、
歴代JJモデルには現在でも活躍されている女性がたくさんいらっしゃいます。
意外な人物では、大物女優である「賀来 千香子さん」や
ドラマや舞台などにひっぱりだこの「伊藤 裕子さん」などがいます。

演技力があることはもちろんですが、いまだ衰えない美しい外見とスタイルからは
歴代JJモデルの面影が感じられます。
JJモデル時代から人気知名度ともに高く現在もモデルとして活躍されている人物には
「加藤 夏希さん」・「高垣 麗子さん」・「平子 理沙さん」などがいらっしゃいます。

そして、数多くいる歴代Jモデルの中でも特に活躍されている方が
元KAT-TUNの赤西仁さんと結婚して
出産した後も精力的に女優活動をされている「黒木 メイサさん」
そしてプロデュースしたファッションブランド、
MAISON DE REEFURが大人気の「梨花さん」のお二人です。

なお、現在のJJモデルには、バラエティ番組などにもよく出演されている
ハーフモデルの代名詞とされている「ラブリさん」や
全身脱毛など、毎回話題を振りまく「ダレノガレ明美さん」などがいます。
最近全身脱毛していることを、テレビなどメディアで公言するタレントさんも増えてきました。
ミュゼ広島にもありますが、やはり全身脱毛となると自己処理では難しいですから、
サロンに通って脱毛をしている女性は、タレントに関わらず急増しているみたいですね。
あっけらかんとメディアで脱毛について話せる女性タレントというのは、
同性からみると、非常に好感が持てるのかもしれません。
その他にも人気番組テラスハウスの元メンバーの「筧 美和子さん」などがいます。
このようにJJモデルは、雑誌JJだけでなくバラエティやドラマなど幅広い舞台で
活躍できる人材の宝庫だと言えるでしょう。

ファッションの流行に敏感な女子大生や若いOLを中心に愛読されている
雑誌「JJ」の歴史についてご説明します。

雑誌「JJ」は、女性週刊誌の「女性自身」を略したものであり、
創刊当時はこの女性自身の別冊として創刊されました。

JJの創刊は1975年で、創刊から3年経った1978年には月刊化され現在に至ります。
30年近く経つ今でも10代後半から30代の女性を中心に幅広い読者に愛読されており
女性ファッション雑誌の「先駆者」としての確かな歴史があります。

JJで紹介されているのは、
異性にモテることを意識した「コンサバ系ファッション」が中心です。

コンサバとは「コンサバティブ」の略であり、直訳すると「保守的」という意味になります。
コンサバ系ファッションとは、
女性らしさを前面に押し出したお姉さま系ファッションを指し
徹底的に異性に受け入れられるファッションを追求しています。

また、ファッション以外にも、ブランド物や海外旅行、ショッピングに関する最新情報、
女性の必需品である化粧品やヘアメイクなど、ファッション以外の情報も載っており
流行に敏感な女性を中心に長年にわたってJJは支持されているのです。

そんな長い歴史を誇るこの雑誌は、
長年にわたって女性ファッション雑誌のトップに君臨していましたが
近年は他の女性ファッション雑誌に押され気味で売上も伸び悩んでいます。
それでもなお、現在に至るまで多くの女性に支持されているファッション情報誌なのです。

女性向けファッション雑誌は色んな出版社から発行されていますが、
その中でも光文社が毎月発行しているJJは若い女性を中心に絶大な人気を誇ります。

JJに掲載されている服装の系統は、20代前半から後半くらいの女性を対象にした
フェミニンスタイルの系統が特徴的です。

最新の流行系統を取り入れた服装の着まわしコーディネイトや
旬のスカートコーディネイトなど、
スカートスタイルの服装が多く載っているのがJJの特徴です。

どちらかといえば若いOL向けのオフィススタイルの提案が多いですが、
少し大人っぽく装いたいと考えている女子大生にも
非常に参考になる系統の服装が載っているため、購買層は幅広い年代に及びます。

ハイブランドを使った服装コーディネイトもあれば、
カジュアルで比較的手を出しやすいブランドの服装コーディネイトなども紙面を飾るため
学生から社会人に向けて読みやすい雑誌です。

一流モデルや芸能人もモデルとして登場しますが、
JJでは一般の読者モデルが数多く紙面を飾っているためより等身大で身近な存在となり
自分のファッションの参考にしやすいという魅力があります。

女性らしく、愛されスタイルの系統を学びたいという人はJJがおすすめです。
特にJJは他の雑誌と比べて女性らしいフェミニンさがありながらくどすぎない甘さ、
可愛らしさを服装で演出することが出来るように提案しているため、
ぶりっ子にならずに女性らしさを手に入れる秘訣が得られるでしょう。